生活保護申請は借金があっても可能か?

なにかしらの理由により収入がない方は生活保護を受けて生活をしています。しかし生活をするなかで金銭的に十分でない場合や突然多額のお金が必要になることもありますよね。生活保護申請をすると借金はできるのでしょうか。
<生活保護の意味について>生活保護は生活に困窮する国民に対して生活の保障を国が行うこと。その費用に充てられるのは国民が支払う税金です。生活保護者は働くことができない理由があり、保護をしてくれる家族や親族がいない場合に受給することが可能になります。しかし生活保護だけでは生活ができずに困っている人も多く、どうしても借金をしないといけない場面も出てしまいますよね。そもそも生活保護の意味は生活を保護するものであり、借金の返済に充てるものではありません。生活保護には、住宅扶助、生活扶助、医療扶助、出産扶助、介護扶助、など合計で8種類があります。それぞれの生活の違いにより受給できるタイプや金額が異なります。
<生活保護申請と借金の関係>生活保護を受けるにはまず申請が必要になります。基本的に借金返済として使えるお金ではありませんので、借金がある状態では生活保護の申請をすることはできません。生活保護の受給資格は世帯収入が最低生活費を下回っていること。借金があると申請した役所では生活保護で返済をされることを懸念して却下する可能性がとても高いのです。仕事が見つからない高齢者の生活保護申請がとても増えているといわれていますが、基本的は最低限の生活を保障するものなので生活保護だけで余裕のある暮らしをすることは不可能です。生活保護申請をしたけど借金をしないと生活できない。このような悩みを抱えた方はとても増えていますよ。
<債務整理をして生活保護申請をする>借金を内緒で生活保護から返済をして、見つかって受給がストップしたケースなどもあります。あくまでも生活保護申請をするには借金がない状態にしないといけません。しかし生活保護を申請するほど困窮しているなか、借金返済の余裕はありませんよね。その場合は早速弁護士に相談しましょう。無料相談を行う事務所もとても多く、気軽にまずは問い合わせをしてください。収入がゼロで借金を返済するには債務整理で解決する方法がオススメです。破産申請をした状態であれば借金がある場合でも生活保護申請が可能になります。借金返済ができないけど生活保護を申請したい。そんな方は専門家にまず相談してみましょう。