夫の借金が発覚した時の対処方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

夫の借金が発覚した時にまず不安になるのが返済義務が誰にあるのか。家族が借金の肩代わりをしないといけない事態はできるだけ避けたいですよね。では夫の借金が発覚した際の正しい対処方法を見ていきましょう。
<夫の借金は誰が返すの?>夫の借金が発覚した時、返済ができずにトラブルになってしまったら家族に返済義務があるかどうか心配になりますよね。そこでまず知っておきたいのが夫の借金の返済義務。妻に基本的に夫の借金の肩代わりをする義務は発生しません。民法では日常の家事による債務に関しては連帯責任が生じるという規定があります。しかし夫がギャンブルなどで借金をした場合は、日常の家事とは一切関係ない事由になりますので妻が連帯責任を負う必要はないのです。しかし夫の借金の連帯保証人になっている場合は例外で、このときは妻に返済義務が生じるのでご注意ください。内緒で連帯保証人になっている場合は支払い義務はありません。
<債務整理をする>債務整理は借金問題で困っている人を救済するための法的な手続き。債務整理を分けると「任意整理」「特定調停」「自己破産」」「個人再生」の4種類があります。借金の額や返済能力により債務整理の一番適した方法を選ぶことが大切。4つの中でも一番多いといわれる方法が任意整理。この方法は返済額を減少して借金の返済を可能にする方法。多重債務の場合は債権者ごとに交渉が必要になりますので大変面倒になる場合もあります。まったく返済ができない場合は自己破産を行います。これは最終的な方法で免責されることで借金が全て帳消しになる債務整理。しかし家や金融資産などのプラスの財産は処分しないといけません。
<弁護士に相談しよう>夫の借金が発覚した場合、家族間で対応できない時はまず弁護士に相談しましょう。弁護士といっても色々なケースを取り扱うため、債務整理を依頼する場合には借金問題に強い弁護士を見つけることがポイントです。そこでオススメの方法がネットで弁護士検索をすること。地域や相談内容ごとに検索ができますので、初めて相談する方も安心。また弁護士事務所は初回の相談無料、電話やメールでの相談なども対応していますので、気軽に問合わせができる点もメリット。借金問題は家族が一緒に解決しないと、今後も同じことの繰り返しになってしまいます。借金の額や返済能力に合わせて一番適切な対処方法を相談してみましょう。