妻が内緒でした借金を返済する義務はあるのか?

近年とても簡単に消費者金融で借金ができるようになりましたが、収入が少ないパートの主婦や学生など、借金する人の幅も広がっています。妻が内緒でした借金、返済ができなくなった場合は夫に返済義務は生じてしまうのでしょうか。
<夫に妻の借金返済義務はなし>借金は債権者と債務者の当事者間の契約。そのため妻が借金返済ができなくなった時に夫が肩代わりをしないといけない法的な義務はありません。銀行など信頼できる金融機関から借金をしている場合は安心ですが、闇金などの高利貸しをする悪質な債権者の場合は借金回収ができないと家族に返済を強要してくる場合もあります。返済義務があるかと誤解してしまい、仕方なく応じてしまう家族いるようです。このような事態を避けるためにも、先ず借金の返済義務について理解しておきましょう。妻、夫など家族間でローンの返済義務は生じません。あくまでも借金をした人の責任なのでほかの家族が肩代わりをする必要はありません。
<返済義務が発生するケース>しかし妻が内緒でした借金も、すべて夫に返済義務がないわけではありません。支払い義務が発生する場合は・借り主が未成年者で法定代理人になっている・借金を持つ家族がなくなり相続をする場合・借金の保証人、または連帯保証人になっている場合 があります。これらのケースに当てはまる場合は夫にも妻の借金返済義務が生じますので、ご注意ください。借金の取り立てがきた場合は、先ずは返済義務が誰にあるのか確認することが大切ですね。夫に支払い義務がない場合は、返済を強要されても断固として拒否することが大切。保証人になっている場合も、あくまでも借金をしている借主本人に支払い責任が優先的に発生しますので、請求を妻にするよう主張することもできます。
<弁護士に相談をして最良な解決をする>妻が内緒で借金をした場合。問題になるのは返済が滞ってしまう時です。多重債務になっている可能性もありますので、まずは借金の総額を把握することが必要です。また妻が自力で返済できない場合は債務整理により支払いの負担を減らし、新たな人生をスタートさせることも可能です。このような債務者救済の制度を利用するためには弁護士に依頼することをオススメします。借金整理は専門的な知識が必要になりますので、妻の内緒の借金問題などもプライバシーを守って相談ができます。借金は繰り返し続ける方も多いので、継続してトラブルが起きないようにしっかり法的な処置を取りましょう。まずは無料相談で弁護士事務所に問い合わせをしてください。