親の借金を返済する義務はあるのか?

親の借金の返済義務は子供にあるのでしょうか。親が突然亡くなった場合。債務者が回収できず子供に請求をしてくる貸金業者もいますよね。親の借金なんてまったく知らなかったというケースも大変多いのですが、このような場合、親の借金返済はどうしたらよいのでしょうか。
<親の借金返済義務は子供になし>親の借金はあくまでも貸金業者と当事者間で契約。そのため親子関係があるからといって親の借金返済義務が子供に生じることはありません。悪質な業者は債務者が亡くなり、回収が困難になると子供に支払いを強要してくる場合もありますが、このような場合は貸金業者の言いなりになって返済をする必要はありません。しかし子供が親の借金の保証人になっている場合は例外です。このようなケースでは子供に返済義務がありますので、まずは借金の内容など詳しく調べる必要があります。親が突然亡くなった時は色々な整理で大変。借金なんて寝耳に水って場合もありますよね。正しい対処方法をまずは理解しておきましょう。
<相続と親の借金の関係>親の借金は子供に返済義務はありませんが、相続があると対処方法も変わってきます。親が亡くなり家などの不動産、貯金などの財産を子供が相続として受ける場合は親の借金も実は含まれているのです。親のプラスの財産を相続して借金だけは相続したくないということはできません。相続をした場合は借金を返済する必要があります。また子供が保証人になっている親の借金ですが、子供が知らない間に名前を使われていた場合は返済義務がありません。このように親が亡くなった後はプラスもマイナス財産もよく比較してどんな方法で相続するか慎重に判断する必要がありますので、不安な場合は専門家に相談をしてみましょう。
<親の借金相談は弁護士がオススメ>相続をして親の借金まで受け継ぐことになるのはできるだけ避けたい事態ですよね。しかしプラス財産とのバランスにより相続をして借金返済をしてもお金が残る場合などもあります。このように親の財産に借金が含まれている場合は、相続開始から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄を申し出ることで、借金もプラスも財産も相続しない方法があります。しかし3か月という期間で、親の財産を完全に把握できない場合もありますので、このような時には弁護士に相談するのが一番ベストな方法と言えますね。手続きには大変複雑な書類の作成などもありますので、時間の制約がある中スムーズな手続きをしていきたいですね。ネットの弁護士検索で早速無料相談を探してみましょう。