過払い金返還請求とは?

過払い金請求という言葉を聞いたことがありませんか。払いすぎたお金はできれば自分のもとに返してほしいもの。過払い金請求とは何か、特徴について早速ご紹介したいと思います。もしかしたらあなたも対象になっているかもしれませんよ。
<過払い金変返還請求とは何?>メディアでもよく聞かれる過払い金ですが、このお金は消費者金融やクレジットカード会社に支払いすぎた利息のこと。グレーゾーン金利といわれる部分がこの対象になっています。利息制限法という法律により利息率が決められていますが、少し前まで消費者金融では法律よりも高い利息を徴収していた時期があります。そこで発生する過払い金を返してもらうのは「過払い金返還請求」なのです。かつての出資法では10万円以下に対して上限金利が29.2%に対し、利息制限法では上限金利が20%となっています。法律が改定されたことで払い過ぎた利息が発生しているため、返還請求をして取り戻すことができるように認められています。
<過払い返還請求でるのは誰?>過払い金があると予想されるのは2010年までにクレジットカードや消費者金融でお金を借りたことがある人。完済している人や返済中で6年以上の取引を続けた人はかなりの額の過払い金がある可能性があります。最近では過払い請求をした5万人の平均額が93万円もあるなど、過払い金を返還してもらうことで、現在の借金を完済できる方も増えています。対象期間に借金をした人は過払い金がある可能性がありますので、ネットのシュミレーションなどを利用して金額を計算してみましょう。大手の消費者金融を始め、クレジットカード会社なども対象になっていますので、まずは調査が必要ですね。
<過払い金返還請求をする方法>過払い金返還請求をする一番良い方法は弁護士など専門家に依頼すること。過払い請求をするためには金融業者やクレジットカード会社と交渉する必要がありますので、専門知識がある方に依頼したほうが安心です。この際に必要になるのがお金を借りたところ、現在の借金額などの情報。後は弁護士が当時の金利などを調べて請求手続きを行ってくれます。個人でも過払い金返還請求の手続きは可能ですが、業者によっては過払い金を減らすなどまともに対応しない場合もあります。確実に返金してもらうためには専門知識がある弁護士や司法書士に依頼いましょう。まずはネットで弁護士を検索して無料相談からはじめてくださいね。