離婚すると住宅ローンはどうなる?

近年離婚率が増加傾向にある日本。それと同様に増えているのが離婚後の住宅ローンのトラブル。夫婦で購入した場合やローンの返済を一緒に行っている夫婦などそれぞれ。離婚した後の住宅ローンについて早速みていきましょう。
<離婚が与える影響について>離婚すると住宅ローンの返済が困難になるケースがとても増えてしまいます。その理由の一つがローンの返済を夫婦共同で行っているため。共働きで返済をしている夫婦が離婚すると、収入はその分減ってしまうので住宅ローンの返済が困難になってしまいます。また離婚後は慰謝料や子供の養育費など出費が増える為さらにローンの返済にとっては悪循環。妻が連帯保証人になっている場合は旦那さんがローンを滞納した場合には妻に支払い義務が発生しています。このように離婚が与える経済的なダメージはとても多く、特に住宅ローンはトラブルになりやすいですよね。離婚を決断した時には金銭的な面でもしっかり計画することが必要です。
<ローンの内容を把握すること>住宅ローンは色々な形があり離婚する際にはまずローンの現状を調査することが必要です。不動産の名義や評価額など、これらの情報は法務局にて登記簿を取得して確認することができます。不動産の価格を知る為には不動産業者に査定をしてもらいましょう。離婚をして家を売却するかどうか、または誰が住み続けるか判断の参考にしてください。一般的に住宅ローンは夫が主債務者で妻が連帯保証人、もしくは連帯債務者になっている場合が多いようです。離婚する際は住宅ローンの残額も確認して、不動産を売却をして利益が出るかどうかなども確認してみましょう。しかし売却してもローンが残る場合は、離婚後も返済を続ける必要があります。
<離婚後の住宅ローンはどうなる?>結婚して家を購入するのは夫婦の共同作業。離婚で協議が難航するのは住宅ローンが問題になる場合が非常に多いです。共同名義になっている場合はローン返済を共同で行うなど、住宅ローンは夫婦ともに債務を抱えることが多いのです。離婚をしてもローン名義が変わることはありません。ローンを組んだ時の名義人はそのまま責任を負うことになりますので、離婚後もそのまま共同名義にしておく場合もあるようです。離婚と住宅ローンは大変複雑な問題。それぞれの状況によって最適な解決方法が異なりますので、まずは専門家に相談すると良いでしょう。離婚時の財産分与などトラブルになりやすい特性がありますので、スムーズな離婚をするためにもお互いが納得できる対策をとりましょう。