住宅ローンに困った場合の任意売却とは?

住宅ローンの返済が困った時の解決策の一つが任意売却。住宅ローンの滞納が続き競売にかけられてしまう前にできる任意売却。どのようなメリットやデメリットがあるか早速見ていきましょう。
<任意売却とはなに?>任意売却は住宅ローンの返済ができない時に専門の不動産業者が介入して債権者と債務者の間で調整を行う方法。不動産売買価格がローン残高よりも安くなっても売却できる方法です。任意売却は競売と異なり、裁判所の介入がない為債務者が自分の意思でできる解決策の一つ。住宅ローンを利用の際はお金を貸す金融機関が対象になる土地や建物に抵当権と設定しますが、家の売却が抵当権を下回る場合には売却が難しいという現状があります。しかし任意売却の場合はローン残額よりも下回っていても不動産の売却が可能になりますので、ローンの解決策として行われています。この方法が可能でないと債権者が担保物件を差し押さえて競売にかけることになります。
<任意売却するメリットについて>任意売却は競売よりもいいといわれていますが、メリットの一つは売値が市場価格に近い事。競売では市場価格よりも安い金額で売買がされてしまうため、ローンが多く残るデメリットがあります。しかし任意売却は債権者との話し合いにより返済計画を考慮して売却をすることが可能です。また近所に知られずに手続きできることや、引っ越し時期や明け渡しも競売と比較すると融通が利く点もメリットです。競売になると強制的に立ち退きを迫られますので、近所にも知られプライバシーを守ることもできません。また引っ越し諸費用も確保できますので、金銭的な負担もできるだけ軽減できるメリットがあります。
<任意売却の注意点について>任意売却は良い事だけではありませんので、注意点についてもチェックしましょう。リスクの一つが住宅ローンをあえて数か月間支払いを止める必要があること。ローンの滞納をすることで信用情報機関に登録されますので、新たなローンが組めないなど制限がされてしまいます。その期間は約5年前後ありますので、クレジットカードを作ることもできなくなります。任意売却をしたい時にはこのような特徴をまず理解して、的確な判断ができる専門家に依頼することがおすすめです。それぞれの状況により有利な解決策がありますので、まずは弁護士に相談するのも良いでしょう。早めのアクションが大切です。返済が困難になったら一人で悩まず相談をしてくださいね。