住宅ローンのリスケとは?

ローンといえばまず思いつくのが住宅ローン。ローンの返済期間がとても長く、家計に与える負担も大きいですよね。家を購入するためにほとんどの方が利用する住宅ローン。ではこのローンにはどのようなリスクが隠されているのでしょうか。
<住宅ローンの基礎知識>夢のマイホームを購入するためには住宅ローンを組む必要があります。現金で家を購入する人はまずいないですよね。ローンといえばまず思いつくのが住宅ローン。このローンは住宅を購入する時や改築などをするために土地を家屋を担保にして銀行から借金するものです。住宅ローンと言っても種類があり、大きく分けると民間住宅ローンと公的住宅ローンがあります。住宅金融公庫融資や年金融資などが公的住宅ローンになりますが、安全でとても有利。それに続いて民間の住宅ローンが良いといわれています。民間住宅ローンは「フラット35」と呼ばれる低金利タイプやメガバンクで扱うローンなど、様々なローンの種類が増えています。
<住宅ローンのリスクとは>住宅ローンはどこで借りるかによって金利が大きく異なります。公的融資の場合は都道府県や地方自治体が行う融資のため金利は民間ローンよりも低めといわれています。しかし住宅ローンの借り入れは、どこにせよリスクがつきものです。注意したいのが変動金利タイプ。このローンは景気によって金利が変動しますので、好景気だと金利が上昇。不景気だと金利が下がるという特徴があります。そのため不景気で金利が低い時に家を購入した場合は、好景気になった時に金利が上がり返済額が増加する可能性があります。すると当初計画していたような返済ができずに住宅ローンを滞納してしまう場合もあるのです。
<住宅ローンを失敗しないで選ぶ方法>住宅ローンのリスクをなるべく回避するためには、金利の変動がない固定金利を選ぶこと。そして金利の変動が激しい期間を短くして、繰り上げで返済することもコツの一つです。住宅ローンは金利だけでなく、収入減や病気で働けなくなる。また不動産価値が減少するなど色々なリスクを伴っています。家を購入するのは一生に一度の重大な決断。ローンの返済額も家計の負担になるほど高額になりますので、くれぐれも住宅ローンを組むときは慎重にあらゆる角度から比較してみあしょう。ローンには返済困難になるリスクを減らせる付帯サービスが付いたタイプなどもあります。万が一のことを考慮してローン選びをしましょう。