住宅ローン返済で困った時の対処方法

住宅ローンは何十年も続き一生抱えるローンの一つですが、夢のマイホームを手に入れるには住宅ローンを組むことが一般常識になっていますよね。しかし様々な状況により住宅ローン返済ができなくなる人もいます。このような場合の対処方法を見ていきましょう。
<住宅ローンの支払いが遅れるとどうなる?>住宅ローンは皆さん決められた支払日に毎月返済していますよね。たとえば1か月や2か月程度滞納した場合。初めての滞納の場合は金融機関から督促状が送られてくることや、電話で住宅ローン担当者から連絡がくる場合もあります。ついついうっかり忘れてしまったという人もなかにはいますよね。このような連絡がきた際は速やかに一括で支払うのがベスト。支払いが完了すれば今まで通りまったく問題なく生活することができます、しかし滞納が3か月以上になると最終通告書などの書類が送られ、支払いができない場合は代位弁済のお知らせがやってきます。返済ができないと家を競売にかけられるなど、最悪の状況が起こる可能性がありますよ。
<住宅ローン返済ができない時の対処>どうしても家を手放すのが嫌な場合は、新たな借金をして返済を続ける方法があります。これは一時的に返済が困った時の方法なので、長期間にわたる場合にはオススメではありません。返済ができなくなった場合は家を査定に出しうる方法があります。いつまでもローンの滞納を続けると、競売にかけられ本来の市場価格よりも値段が安く売買される可能性があります。そうなる前に自ら家を手放してしまうのも方法の一つ。住宅ローンの返済が困難になりそうな場合は、早めに対処を考えてぎりぎりまで待たないことが大切です。家を手ばしたくない場合は何とかして返済を続けるしかありませんが、法的な措置を取り対処することも可能です。
<専門家に相談しよう>住宅ローン返済で困っている方はとても多いですよね。給与カット、リストラなど想定外の事態になり返済のメドがつかなくなるのは誰にでも起こる可能性があります。オススメなのは住宅ローンの返済をメインに扱う弁護士に相談する方法です。弁護士ができる対処方法としては金融機関と交渉して月々の返済額を減少させる、また個人民事再生により住宅ローンの借金を減らす方法、また大切な家を第三者に売らずに親子や親戚に買ってもらう親族間売買という方法もあります。これらの対処をするためには、専門的な知識が必要になりますので、実績や経験のある弁護士に依頼するのが一番良い方法。弁護士検索をして早速相談をしてみませんか。