9.借金を早く返したいなら弁護士をネットで見つけて相談しましょう

9.借金を早く返したいなら弁護士をネットで見つけて相談しましょう

 

 

借金があると、毎月返済日にお金を捻出しなくてはならないし、わずらわしい催促にも悩まされます。借金の悩みから開放されるためには1日でも早くお金を返すことですが、借金はなかなか減りません。今回は、借金を早く返すコツについてお話いたします。

 

 

その1 地道に返済する

 

・まずは今までどおりに「地道に借金を返済してい」く方法です。通常、毎月金融機関によって決められた返済日に規定の金額を支払っていれば、取立てや催促が来ることもありません。また、期日どおりに返済していれば信用情報に傷が付くこともないので安心です。

 

・ただし、高い金利で長期間に渡って返済し続けなければならないのが、この方法の難点です。そのため、余分に払える余裕があるのならば、たとえ1,000円でもいいので多めに返済するのがよいでしょう。それと、キッチリ返済をしてくれる優良顧客に対して追加の融資を申し出る金融機関もありますが、これに乗せられないことも借金を早く返すコツといえるでしょう。

 

 

その2 借金の一本化

 

・最近、各金融会社で盛んにCMをしているので、目にしたことがあるかたも多いと思います。借金の一本化とは、複数の業者からの借入をより金利の低い金融業者に一本化する方法です。金融機関によっては「おまとめローン」などと呼んでいます。借金の一本化をすると、「毎月の返済額を少なくする」か「早く返済を終えられる」かどちらかの方法を選びます。

 

・しかし、借金の一本化は返済の遅延がない顧客に対して行われることがほとんどです。そのため、返済の遅れが発生していて信用情報に傷がある場合は、一本化を申し込んでも審査に通らない可能性があります。それに、借金の一本化では毎月の返済額の減額を選ぶ人が多いのですが、返済額を少なくするとどうしても返済期間が長期になってしまいます。そのため、完済したときに計算してみると、長期に渡って金利を支払っていたために返済総額が元の借金よりも多くなってしまう場合もあります。

 

 

その3 債務整理をする

 

・債務整理とは、借金を大幅に減額、または免除する手続きのことです。債務整理には「任意整理」「個人再生」「特定調停」「自己破産」の4つの種類があります。

 

・任意整理は、利息制限法に基づいて金利をカットし、返済計画を見直す方法
・個人再生は、返済総額を100万円、もしくは5分の1にまでカットする方法
・特定調停は、簡易裁判所を通じて債権者と話し合って返済額を決める方法
・自己破産は、すべての借金を免除する方法

 

・本当に支払が無理になったり、多重債務に陥って毎月自転車操業をするほどになったら、債務整理を検討するのがよいでしょう。ただし、債務整理を行うと、信用情報機関に登録されてブラックリストに載るため、5〜7年間は新たにローンを組んだりクレジットカードを作ることはできなくなります。しかし、借金が癖になっているような人にとっては、しばらくの間借金ができなくなることで自分の悪癖を矯正することができるともいえます。

 

 

任意整理をしましょう

 

・債務整理の中でももっとも手軽な方法として挙げられるのが、任意整理です。任意整理とは、借り手側である債務者と金融業者などの債権者が、双方の合意の下で話し合いをして、利息の減額や今後の支払い方法などを見直す方法です。

 

・任意整理をすると、ほとんどの場合利息はなくなるか減額されて元金のみを支払ってゆけばよいことになります。また、月々の返済が難しい場合は支払い方法や支払期間などを見直しして、借り手側が無理なく支払ってゆけるようにしてもらえます。任意整理の手続きでは過去の利息も見直され、その時に余分に利息を支払っていることが発覚すると「過払い金」として返還されます。過払い金の相殺によって元金が減ったり、元金よりも多い場合は支払いすぎた分が戻ってくることさえあるのです。

 

 

弁護士に相談しましょう

 

・任意整理は、借り手1人でもできますが、手続きの段階で専門的な知識が必要になったり交渉力が重要視される場面が出てきます。金融業者も商売ですので、できれば利息を減額したり過払い金の支払を避けたいと考えます。そのため、素人の借り手が交渉しようとしても、何かと理由をつけて低い金額での減額を見積もったりすることもあります。業者によっては、最初から交渉に応じてくれないところさえあるのです。

 

・任意整理を成功に導くためには、借金問題のプロである弁護士に依頼するのが一番いいといえるでしょう。弁護士に依頼すると、それまで悩まされていた業者からのしつこい督促がピタリと止みます。依頼したあとは、面倒な手続きも交渉もすべて弁護士にお任せできるので、安心といえるでしょう。

 

・弁護士に依頼すると、高額な費用がかかると心配するかたもいると思います。しかし、ほとんどの弁護士は費用の分割払いや後払いに応じてくれます。それに、ホームページを持っている弁護士事務所は、メールでの相談であれば無料で行ってくれているところも多いので、まずは一度ネットで相談してみることをオススメいたします。