8.借金返したいがお金ない時の対処方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

8.借金返したいがお金ない時の対処方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

 

 

お金がなくて借金を返せなくなったとき場合、どうしたらよいでしょうか?「借金は時効になったら全部消える」などの噂もありますが、本当なのでしょうか?返済したくてもお金がない時の対処法を探ってみました。

 

 

借金は放置してはダメ!

 

・たしかに、借金には5年間の時効があります(個人から借りると10年間)。これを知って「5年間借金から逃げ切れば、全部チャラになる」と勘違いする人もいます。しかし、金融業者も5年間黙って待っているわけではありません。

 

・金融業者の中には債務名義を取得する裁判を行い、強制執行による給料の差し押さえをするところもあります。給料の差し押さえをされると、44万円未満の給与であれば4分の1まで差し押さえされて、当然のことながら会社にもバレてしまいます。

 

・今現在借金が返せなくても、失業しているわけではなく安定した給料を貰っているのであれば、差し押さえのリスクは常にあるといえます。時効まで催促に応じず借金を放置していたとしても、突然給料を差し押さえられては、生活にまで支障が出てしまいます。毎月32万円の給料を貰っていた場合、8万円まで強制的に差し引かれてしまうことを考えると、やはり時効を狙って放置することは現実的とはいえません。

 

 

まずは弁護士に相談を

 

・お金がなくて借金が返せない場合は、放置して問題が大きくなる前に、早めに専門家に相談しましょう。最近では、インターネットで簡単に弁護士を探すことができます。ほとんどの弁護士事務所のホームページで、依頼までの前段階であればメール相談は無料で応じてくれます。メールでの相談のいいところは、匿名で相談できることです。中には、無料の電話相談窓口を設けている弁護士事務所もあります。

 

・借金が返せなくて悩んでいても、実際に債務整理をするかまでは決めかねているかたも多いことでしょう。どのように手続きをすればよいのか、費用はどのくらいかかるのかなど不安な点も数多くあると思います。依頼をするかどうかは相談した後に決めることにして、まずはメールや電話などの無料相談を利用してみましょう。

 

 

お金がなくて返せなくても大丈夫!

 

・債務整理は、文字通り借金を整理することなので、返せなくなった状態でも手続きが可能です。払えなくなった借金を様々な手続きを行うことで整理し、借り手が無理なく支払っていけるように返済を見直したり、返済不能と判断されると自己破産の手続きを行います。どんな債務整理方法も、借り手が自分1人で行うことはできますが、整理方法によっては専門的な知識が必要だったり交渉力が必要な場合もあるので、できれば弁護士などに依頼するのがよいでしょう。

 

弁護士に依頼する利点

 

・弁護士に債務整理を依頼すると、貸金業者からの催促が嘘のようになくなります。毎日毎日かかってきた催促の電話も、督促のハガキもピタリとストップします。これは、債務に関して弁護士が仲介することになったので、貸金業者が直接借り手に連絡をすることがなくなるためです。借り手側も業者と話をしなくてよくなるので、こういった煩わしさからすべて開放されます。

 

・債務整理は周囲の人に内緒で行えます。特に、債務者と債権者が任意で話し合いを行って返済額や返済計画を決める任意整理は、債務整理の中でも簡単な方法となっているため、家族や会社に知られることなく任意整理の手続きをして支払も続けられます。借金自体を秘密にしているかたにとっては、秘密のまま債務整理ができる便利な方法といえます。もちろん、弁護士も依頼人の秘密を守ってくれます。

 

 

債務整理は弁護士に

 

・特定調停や任意整理を行って業者から合意を得ることができれば、それ以降は利息が発生しません。借りた元金分だけ返済をすればよくなるので、月々の支払も楽になります。整理の段階で過去に支払っていた利息が多いことが判明すると、その分は「過払い金」となり元金分から差し引くことができますし、元金より多い場合は余剰分として戻ってくることさえあります。

 

・任意整理は、債権者との交渉によって借金の減額や利息のカット、今後の返済方法などについての計画を立ててゆきます。どのくらい借金を圧縮できるかは、借り手側の交渉力が鍵となります。金融業者はその道のプロなので、素人が掛け合っても合意が得られず任意整理が不成立となることもあります。その点、弁護士に依頼をすると強い交渉力で、できるだけ借り手側に有利な条件で任意整理を成功に導いてくれます。また、弁護士に依頼すると債権者側との連絡のいっさいを弁護士がやってくれることになるので、取立てなどで嫌な思いをしたかたも煩わしさから開放されることになります。

 

・弁護士に依頼をすると高額な費用がかかると心配するかたもいますが、費用の分割払いや後払いに応じてくれる弁護士がほとんどなので、現在手持ちのお金がないかたでも安心です。依頼前の相談だけなら無料なので、1人で悩まずにまずは相談をしてみましょう。