借金する時の言い訳で使える文言

2.借金する時の言い訳で使える文言

 

お金を借りる際には必ず「理由」が必要です。これは、銀行や貸金業者から借りる場合も家族などから借りる場合も同じだと言えるでしょう。しかし、借金の理由によっては相手を躊躇させてお金を貸すと危険と思わせてしまうものもあります。そこで、スムーズにお金を借りるために借金するときの言い訳として使える文言を集めてみました。

 

 

借金の代表的な3つの言い訳

 

 

・欲しいものがある
特定の商品などを購入するための資金として、お金を借りるというパターンです。家や車などの大きなものから、家電製品や趣味の品といった小さなものもあるので、金額の幅も大きいといえます。欲しいものが我慢できないわがままな性格に思われるのでは?と危惧するかたもいるかもしれませんが、実は欲しいものがあるという借り入れ理由は、金融会社の審査では比較的有利になっています。何故なら、「欲しいものができたからお金が必要になっただけで、日常的にお金に困っているわけではない」と判断されるからです。

 

・冠婚葬祭費用
結婚式に出席したり、身内に不幸があると冠婚葬祭費用がかかります。結婚式ならある程度前もって日程がわかりますが、お葬式については急に発生することがほとんどで、丁度給料日前にお葬式ということもあります。冠婚葬祭費用も、貸金業者にとっては貸しやすい言い訳です。これも、一時的に資金不足になっただけで慢性的な生活費不足ではないと思われるためです。また、貸し倒れのリスクが少ないと判断されることもあります。

 

・旅行、引越し資金
旅行は交通費や宿泊費以外にも、おこづかいやおみやげも考えなくてはならないため、それなりに費用がかかります。特に海外旅行であれば、何かあったときのために多めに現金を持っていきたいところです。引越しもお金がかかります。1か月分の前家賃を支払わなくてはなりませんし、敷金や礼金に家賃の1〜2か月分を請求されることもあります。引越し業者に頼むと、数十万円の引越し費用がかかる場合もあります。旅行と引越しも、融資を受けやすい言い訳といわれています。非日常的な出費であるため、継続的な利用ではないと見なされるからです。

 

 

借金で使える文言

 

○不幸に関する言い訳
自分や家族に起こってしまった不幸を言い訳にした文言です。不幸に見舞われたことに加えてお金がないということもアピールできるので、より効率的といえるでしょう。特に、知人や友人からお金を借りやすい言い訳といえます。

 

・財布をなくした

 

・空き巣に入られた

 

・スリの被害にあった

 

・急なお葬式に出席しなくてはならない

 

・家族が亡くなりお葬式を出さなくてはならない

 

・家族が病気や怪我をした

 

※ただし、祖父母が何度も亡くなるという笑い話にならないよう、使いすぎに気をつけたい文言です。

 

 

○急な資金不足に関する言い訳
事前に予測できなかったような事態が起こり、資金難に陥ったことをアピールしてお金を借りるときに使える言い訳です。「すぐにお金が必要」だとアピールすればお金を借りやすくなりますし、定期的な現象ではないと判断されるので貸すほうもあまり警戒しません。

 

・急に飲み会に誘われた

 

・具合が悪くなって病院に行きたいがお金がない

 

・交通違反で捕まり罰金を支払わなくてはならない

 

・車やバイクが故障してしまった

 

・デートに行くことになったがお金がない

 

※非日常的で、しかも時間が無くてすぐに借りたいというアピールもできるので、言い訳としては優秀といえるでしょう。デートの場合は「勝負を決めたい」と言えば応援の意味を込めて貸してくれるかもしれません。

 

○その他の言い訳

 

・闇金に返済を迫られている

 

切羽詰った感があるので、親しい友人であるほどお金を貸してくれる割合が高い言い訳といえるでしょう。暴力的な取立てに悩んでいる旨の相談も一緒にすれば、進んで貸してくれる場合もあります。しかし、本当に闇金の取立てにあっているのであれば、お金を借りて返済に充てるのではなく弁護士に相談して根本的な解決を図りましょう。

 

・子供の給食費や学費が足りない
自分ではなく、子供のための資金が足りないと言えば同情を買いやすく圧倒的にお金が借りやすくなるといえるでしょう。特に、同じ子供を持つ親に言えば有効です。しかし、子供の養育費が足りないほど切羽詰っているのであれば、教育ローンや自治体の援助を受けるように検討したほうがよいでしょう。

 

 

嘘の言い訳をして借金するとどうなる?

 

・嘘をついてお金を借りることは詐欺にあたりますが、罪の成立はしにくいといってよいでしょう。詐欺罪が成立するためには「返済する意思がない」状況でなくてはなりません。仮に嘘の理由でお金を借りて返さなかったとしても、「返済するつもりがあった」と言い張られてしまえば詐欺罪にはならないのです。

 

・しかし、詐欺罪は成立しなくても信用を失って社会的なペナルティを受けることは充分にありえます。一度嘘の言い訳で借金をしてしまうと嘘をつくことに抵抗がなくなり、悪い借金癖がついてしまう可能性もあります。そのため、嘘をついてまで借金しようとは思わないほうがよいといえるでしょう。