借金圧縮の方法

1.借金圧縮の方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

 

 

借金圧縮とは、その名の通り借金を圧縮して総額を少なくすることです。借金を圧縮する賢い方法と、圧縮してくれる弁護士に相談するやり方をご案内いたします。

 

 

 

借金を圧縮する

 

 

・借金を圧縮して減らすということは、債務を整理するという意味です。これは、借金に対する事実上のギブアップ宣言です。ギブアップというと人生おしまいのようなイメージがありますが、決してそうではありません。ギブアップすれば、長く苦しい借金から逃れられますし、新たな人生の再出発をすることもできます。

 

・本来であれば債務整理をする前に、無理なく返済できる額まで借金を抑えるべきですが、借金の利息が高額だと利息ばかりが嵩みすぎて返済計画がうまくいかない場合があります。そうなったときには債務整理を行って残高を減らし、借金の圧縮を図りましょう。

 

 

借金圧縮には任意整理が一番

 

・債務整理には「自己破産」「個人再生」などの方法があります。しかし、自己破産には「持ち家を手放したり財産を処分しなければならない」「職業によっては免責が決定するまで辞職しなくてなならない」などの縛りがあり、デメリットが多いことも確かです。また、個人再生では「借金の総額が5000万円以下」「毎月返済できるほどの収入がある」などの厳しい条件があります。

 

・自己破産や個人再生をすることが難しい人にとって一番いい借金圧縮方法は、「任意整理」です。任意整理は自己破産と違って完全に借金が消滅するわけではありませんが、返済できる範囲まで借金の額を圧縮することができる債務整理方法です。

 

 

任意整理のメリットとデメリット

 

・任意整理の最大のメリットは、グレーゾーン金利によって発生した過払い金が戻ってくることです。過払い金の金額が高額だった場合は、借金がそれによって清算されてチャラになるケースさえあります。

 

・同じ債務整理でも自己破産の場合は、借金自体を放棄するので過払い金も一緒に放棄することになります。そのため、過払い金があることに後になってから気づいても、自己破産が完了した後は過払い金請求をすることができません。

 

・任意整理の場合は過払い金を含めた債務全体を見直して過払い金の有無を確認し、金融会社と交渉して債務圧縮の交渉をするため、必然的に過払い金の返還請求も行われるというわけです。

 

・任意整理のもう一つのメリットは、裁判所が介入しないということです。任意整理は個人再生や自己破産のように法律で規定されている方法ではありません。そのため、裁判所が発行している「官報」に債務整理をしたことが掲載されないのです。

 

・裁判所の官報は誰でも閲覧することができるため、借金があったことや自己破産または個人再生したことが、家族や職場にバレてしまう可能性があります。また、社会的な信用度が重要な職業に就いていると、「債務整理をするほど高額な借金があった」というだけで致命的なスキャンダルになりかねません。

 

・では、任意整理のデメリットとは難でしょう?それは「ブラックリストに載る可能性がある」ということです。任意整理に限りませんが、債務整理は金融会社にしてみれば「必ず返すと約束したはずなのに、全額返済せずに借金を値切るズルイ方法」なのです。そのため、任意整理で借金の圧縮をした人には、二度とお金を貸したくない心理が働き、ブラックリストに載せられてローンを組んだりクレジットカードを作ることが困難になります。

 

・ブラックリストは7年〜10年で更新されるので、任意整理をしてから10年もすればブラックリストから名前が削除されて、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることもできるようになります。しかし、リストから名前が消去されるまでの間は家のローン契約が通らなかったり、大口の買物も現金で支払わなければならないなどの不便を強いられることになります。

 

・また、任意整理はあくまでも“任意”で行われる借金圧縮方法なので、個人再生や自己破産のような法律による強制力を持ちません。そのため、金融業者との話し合いが決裂したり、過払い金請求はできても借金を圧縮できないこともあります。

 

 

任意整理は弁護士に相談を

 

・任意整理は、実は自分1人でやることもできます。任意整理は法律で規定されていない債務整理方法なので、決まったやり方はありません。金融会社に連絡して「支払が苦しいので利子を減らして返済期間を延ばしてください」などと交渉するだけです。

 

・しかし、金融会社はその道のプロです。素人が頼み込んでも、簡単に借金を減らしてはくれません。貸金業者によっては素人が交渉しようとしても、無視をして話し合いにすら応じてくれないところもあります。

 

・任意整理をするには、借金問題のプロである弁護士に依頼するのが一番いいといえるでしょう。弁護士が交渉するのと素人が交渉するのとでは、借金圧縮の金額が違ってくるケースさえあります。ネットでは任意整理を専門にしている弁護士が数多くいるので、まずはサイトから相談することをオススメします。